著名な日本のフリーメイソン

www.weblio.jp

著名な日本のフリーメイソン

 
明治天皇の第九皇女の夫東久邇宮稔彦王皇籍離脱後の1950年にメイソンリー入会[73]

 

 
お台場ヴィーナスフォート。「世界中からメイソン会員とコレクターが訪れる」メイソングッズ専門店が2013年1月に開設された[110][* 2]

高須克弥が名誉会員になっている「と学会[111]の運営委員皆神龍太郎フリーメイソン関連の著作出版者)が聞いているところによると、2013年現在日本のロッジに所属する総計数百人の日本人会員の構成は、多くがサラリーマンまたは自営業、著名人は数名、国会議員等はいないようである[15]。もっとも竹下雅敏によれば、安倍晋三森喜朗は共にフリーメイソンだというが[112]、どこかのロッジやフリーメイソン個人に問い合わせたわけではなさそうであり、森喜朗が「フリーメーソン日本ロッジのトップ」という話も竹下から出ているがそれが日本グランドロッジのことを指すものなのかも分からない。

1979年2月28日、「イランで暴露元首相ら一二〇〇人がフリーメーソン」、朝日新聞紙上にこのような記事が掲載され、4代にわたる総理大臣がフリーメイソンという[113]

2008年の朝日新聞取材記事では、そば屋の主人や小売店主や中には、大学教授もいると述べられている[114]。その他、公務員、学生なども入会している[115]

日本に25年以上在住するスコティッシュライト32階級メイソンのクリストファー・アーンショー[116](Dr.クリス)[* 3]によると、アーンショーは鳩山由紀夫に会ったことはないし、鳩山由紀夫がメイソンであるかわからないが、由紀夫の父は1960年頃にメイソンになったはずと言い(アーンショー「息子や孫はわかりませんね」)[121]、日本に関する話の流れで外交官のメイソンがいると言っている(アーンショー「彼(高須克弥)に限らず、今、うちは色んな面白い人たちがいますよ。外交官とかそういう人も」)[122]

フリーメイソン説のあったきゃりーぱみゅぱみゅは、フリーメイソンではないということを自分で証言した[123][124]